2018/04/17

新月。小さな女の子と出会う。



2011『めぐる つながる』展で描いた絵



週末、星月舎のユナちゃんのFacebookの投稿にぴぴぴときて、
何をするのか、どんな人かもわからずに
予定変更でエイジワークスを受けてきました。


立春あたりから、
なんだか自分をとりまく何かが(波動?エネルギー?)
変わったような気がしていて

レベルアップとか、
良くなった、悪くなったとかそうゆうことではなく、
単純に好みが変わったような感覚。
今までは青が好きだったけど、今は赤が好き!
とそんな感じ?



最近のわたしは
動くこと、動かないこと、のどちらも
ピンときたことは、頭に相談せずに
決めるようにしている。

時間とか、お金とか、意味あるのか?とか
『よく考える』をしない。


そんななか立て続けにピンときた
3つのワークを受けました。


それはどれもぴったり『今』に必要なもので
わたしのタイミングを見計らってくれたように
順序よくやってきてくれました。



沖縄に住んでいた時、ある人に
『魂と体が別々にある』と言われ、

5年くらい前に受けたクラニオセイクラルセラピーでは
『鍵をかけた小さな箱がある』と言われたのですが、


当時のわたしには、ピンとくることが何もなく
なんのことを言っているかわからずにいました。


でも、今回受けたふたつめのワークでは
再び小さな箱のことを言われ、
(『体育すわりをしている小さな女の子』という言い方だったけれど)

その時はやっぱりよくわからなくて、

でもご機嫌だった毎日に、急にどんよりした気持ちが溢れてきて
なんだろう、なんだろう、なんかやだなって思っていたら

今回のエイジさんのワークで、
その源をはっきり感じることができました。


わたしは多分、長いこと、

悲しみとか寂しさと向き合いたくなくて
そうゆう感情は全部、わたしの中の小さな女の子に押し付けて
なかったことにして過ごしていたのだと思う。

光もあてず、認めてあげず

本当に無意識に、
長いことずっと鍵をかけられ
存在さえ否定されて
幽閉されていた女の子。

そう、わたしは彼女のおかげで
たいていご機嫌に過ごせていたのです。

自分でもびっくりするほど、
いやなこともなんでもすぐ忘れてしまうのは、
その子に全部押し付けていたからだろうと思う。



初めて会ったエイジさんに
自分でも気づいてなかった
小さな女の子にも光をあててもらい
なんか涙が。

みつけてもらえて嬉しいんだな。

わかってもらうって嬉しいんだな。

今まであまり「わかってもらう」ってことに
執着することがなかったのだけど、
わかってもらえないと寂しいし
わかってもらえると嬉しい。


悲しいとか、寂しいとか、って
なければいいのにって思っていたけど、
どんな感情もまるっと受け入れて
ただ感じたらいいんだな。



今までのスタイルが心地よく気に入っていただけに、
どんな感情も味わうってなんかちょっと怖いけれど
今のわたしは、そうしたくなったようです。


もしくは、小さな女の子の革命!?
「いいかんげんにしろよっ!
お前がいつまでもそんな態度ならこっちも出るとこでるぞ!」
みたいな笑



気づきやインスピレーションというのは、
外から与えられるような気がしていたけれど

自分の中に光をあて
自分でみつける作業なのかもと思う。


カラダは全部知っている。


内容は忘れちゃったけど、
よしもとばななさんの、そんな本あったな。



エイジさん、ユナちゃん、ノブさんありがとう。
そしてわたしにもありがとう。



39歳になりました。

歳を重ねるごとにかろやかに
わたしの宇宙は広がっているような気がします!

今年は、こころとカラダをもっともっと信頼し、
小さな女の子とともに歩む一年にしたいです。






















お誕生日の月に、
フラのまみ先生プレゼントしてくれるお花のレイ!
ずっと憧れてたのだ〜!嬉しい!!
そしてかわいいがつまったプレゼント。






















誕生日に届いたプレゼント。
『楽しいひとと飲んでね』
という優しいメッセージ。

お花は自分で笑
誕生日だからいつもより奮発〜




















誕生日の日にわたしを思って
選んでくれたというかわいいプレゼント。
宝物をいれよう。

















コンビニのケーキじゃいやだっと言い続け、
特別な日に買ってくれるようになったケーキ。
ここのケーキはとても贅沢な感じがして
ずーっと憧れていたのです。(高いし!)
みっつとも独りで完食。


ハッピーだなぁ〜




〈今のわたしにぴったりだったワーク〉

ひとつめ。
綾美ちゃんのコズミック☆アクティベーション

新しい世界が開いたワーク
とにかくとってもとっても楽しかった!!
宇宙を旅している感じ!
綾美ちゃんのライトランゲージがとても心地よいのです。
※ぴぴぴと来た方、ご紹介します!

キーワード:星のかけら



ふたつめ。

わたしはこれでいいのだ!という実感と同時に
小さな女の子に気づくきっかけになったワーク。
その人によって内容は違うようです。
お話を聞いてもらって、体をみてもらって、鍼もしてもらって
カードもひいたり、とにかく満たされた贅沢な時間。

キーワード:Surrender



みっつめ。
エイジワークス

自分のカラダの可能性にわくわく!
小さい女の子を癒してもらい
新しい感覚をゲットしたワーク。
またうけたい!!
エイジさん、とても素敵な人!

6月に、星月舎のノブさんとのおはなし会があります!
詳しくはこちら★


キーワード:まってあげる。


2018/04/11

そうだ 奈良へ行こう。

















週末、奈良へ行ってきました。

吉野の桜を見に行ったはずが、
なんと雪が降り、桜吹雪ではなく
ほんとうの吹雪の中はじまった勝手神社の再建祭。


雪がふったり、雨がふったり。
途中からは晴れ間が広がり
不思議な時間の流れの中
和合神楽の奉納。


















みんな一人一人がとても個性的に輝いているのに、
全体としてひとつに融合したせかい。


わたしは、カオスでチャンプルーな
こんなせかいが好き。


















シタールにサックス、沖縄の三線に、太鼓にギター。

日本の笛をアメリカ生まれのクリスが吹く。

韓国の歌。沖縄の歌。バリの舞。


日本のご神事に、
こんなにもバラエティー豊かな国の 楽器や 舞や 歌が 登場し
なんてピースなせかい!!
とっても素晴らしかったです。



何を信じてもいいし

みんながそれぞれ好きな世界で輝けばいい。




















翌日は、なおちゃんファミリーが大切に繋いでいる
たけちゃんの丘へご挨拶。

ゆきちゃんが歌い、小谷野さんが舞うなか
ひとりひとりが祈る時間。

みんなで早春賦を歌う。



祈りとは、神様や自然と繋がるとは、
とても自然な生活の一部なのだなぁと感じた旅でした。



繋がろうと思わなくても
繋がっている

祈ろうと思わなくても
祈りのなかにいる























虹色の光の中にいる なおちゃん。

彼女の作り出す素敵な空間の中に、
いつもすっと居場所を作って迎え入れてくれる。

いつもいつもありがとう。









今回の旅は久々の夜行バスの旅でした。
横浜から名古屋まで、なんと2200円です!(※平日の夜)
びっくり!!

男の人だとなかなかバスって窮屈かもしれませんが
わたしはちっちゃいし、どこでも寝れるタイプなので
あっという間について快適でした♪


沖縄に住んでいる友達のもえちゃんが
ちょうど地元の愛知に戻ってきているという
ハッピーな偶然が重なり
もえちゃんにも会え、

三重在住の松くんや、千葉に住んでるクリスにも
今年に入ってもう何度あってるのだろう笑

遠くに住んでいても、
会えるときには会えるのね。

不思議だな〜


実は、来月のわたね市にも、奈良で集まった面々が
やってきてくれるの予定です!!!!!

わたね市でも、和合神楽が見れるかも!?ですよ〜☺️
ダイヤモンド イエスも登場しますよ〜笑

どうぞお楽しみに☆























早朝バスを降りて、横浜からの朝陽。





○勝手神社について○

勝手神社は、平成13年に不審火により全焼してしまいました。
今、勝手神社の神様は、
近くの神社に間借りして宿無しの状態なのです。
勝手神社再建祭は、神様を元のお家に戻してあげたいと
勝手神社の再建を願いはじまったお祭りです。

素敵だ、素敵だと噂に聞いていた宮司さまは、
とてもあたたかくて、熱くて、人間ぽくて、
会ったらますます素敵だと感じてなりませんでした。

世界はみんな家族。

宮司さまがおし教えてくださったこと。

勝手神社について詳しくは、
https://www.kattejinja.com/about

2018/03/21

春分。我が家のカレンダーコレクション。




















今日は春分。まさか雪が降るとは!!
寒かった〜


春分ということで、新しい地球暦に交代。
ぐるっと一年がはじまります。

















我が家には時計がないのですが、
カレンダーはたくさんあります。


一番古くからの付き合いは、
一目で満月、新月のわかる
月の満ち欠け 手ぬぐいカレンダー。




















もう10年近くリピートしています。

使い終わっても、手ぬぐいという
第二の人生を全うできるのが素晴らしい!



「わらく」という雑貨屋さんで作られているのですが
うちの蕎麦屋も「わらく」。
















今後、蕎麦屋に余裕ができたら
新年のご挨拶でこの手ぬぐいを配りたいな〜
というのがひそかな夢です。




こちらは小林煌さんのカレンダー。
今年で3年目のリピートです。




















煌さんの絵はとっても柔らかくて優しくて
でも太いしっかりとした芯のある絵。

好きな絵はコピーして手帳に貼り、
一年中楽しみます。



















この絵が大好き。
わたしのお守り。





こちらは今年から我が家に加わった
ミツさんのカレンダー。




















わたしのわたね市を始めるきっかけになった人、


今年初めて紙のカレンダーを制作したときき、
ほしいなぁ〜と思っていたら
お友達がプレゼントしてくれました!

リョージ、えーみーありがとう♡

こちらも我が家の定番になりそう。



そして、本日お披露目となりました
大感動し大衝撃をうけた地球暦!

宇宙の星の動きが一目でわかる
まあるいカレンダーです。

このカレンダーに出会ったときは
感動して、大興奮で、
わたね新聞でまるまる特集したほど。



一人にひとつの宇宙(ソラ)があり、

この銀河(ウズ)の中で、

太陽(ヒト)として生きる。



すてきな言葉。

※写真は星月舎からお借りしました。















いろいろ入ってます。

使い方はあなた次第!



近々ワークショップありますよ〜!

気になる方は、ぜひ一度ノブさんのお話を聞いてみてほしいです。
視野が変わります!




そしてこちらは地球暦に感化されてつくった
季節の手仕事カレンダー!



我が家のトイレはカレンダーだらけ笑


季節ごとの日本の手仕事が、一目でわかります。

これは↑今年の春分までのものですが、
二十四節気はほぼ毎年日にちが変わらないので
目安とするなら永遠につかえます笑

日にちがあってないとイヤだ、という人にはこちら!

自分で日にちを書き込める手仕事カレンダーです。
真ん中の絵はぬりえになってます。




















自分の誕生日をスタートにしてみたり、
季節のめぐりにあわせて色を塗ってみたら
面白いんじゃないかな?

こちら、一枚300円。2枚500円。
わたね市で販売します〜!!

※ご希望の方には、今年の春分終わりの
カラーカレンダーもおつけします。
色を塗るのは面倒だ、という人は
切り抜いて貼って使ってください^^


郵送も対応可能です!(送料300円)



9年前の春分の日に、ナツマヤになりました。
もういまではすっかり「ナツマヤ」にしっくりで、
たまに学生の時の友人や、前の職場の人に旧姓で呼ばれると
そっちに違和感を覚えるようになっている自分にびっくりです。

当時、季節を意識した生活なんかしていなかったわたしにとって
春分の日に入籍したのはまったくの偶然なのですが
なんとよき日に結ばれたのだろう。



今一緒にいるというのは、
きっと生まれる前に、自分達で選んで
決めてきたことだと思うので

いい波も、そうでない波も
これからも一緒に楽しんでいけたらいいな〜と
思います。