2017/09/23

秋分。stage。


今日は秋分。
いつのまにか夏が終わり、秋は深まりもう半分。
すこしずつ冬に向かっていくのですね。





先週末は、金沢文庫芸術祭でした。

残念ながら、台風の影響で
海の公園での開催はできなかったのですが
規模を縮小して、文庫体育館で開催されました。


規模縮小で、わたね市の糸つむぎは
開催できなかったのですが、
フラはそのままやらせていただけることになり。。

わたし、フラ初ステージを果たしたのでした〜!

photo:Ijima Takeshi

さすがたけしさん!の素敵すぎる写真。
この中にわたしの足はありません(笑



そう、久々の嬉しい再会や、
こんな大きなイベントの陰で、
実は私の中での一大イベントがあっため、
ここ一ヶ月くらいは
そわそわの止まらない日々を過ごしていたのです(笑



子どものお遊戯会をみにくる母のような気持ちで
みに来てくれた奈美ちゃん(涙
いつもありがとう〜〜〜



小さな頃は、とても目立ちたがりやでした。
幼稚園の頃は劇の主役を演じたり
小学校の時は生徒代表であいさつをしたり
そうゆうのを率先してやるタイプ。


そう言えば中学のころも劇したなぁ。
文化祭でのクラスの出し物。
泣いてやりたくないと訴えたのに
「あなたにぴったりの役だから」と
無理矢理やらされたような。。


ベロだしチョンマ。渋いっ!

主人公の妹役で、最後は張りつけにされて殺される。
そんな役です(笑
なんでわたしにぴったりなのか未だ疑問。。


しかし、いつのまにやらそうゆうのが面倒になり
そしたらどんどん苦手になって、
大人になる前にはすっかり嫌いになっていました。


そんな中迎えた初ステージなので
大勢の中のひとり、といっても
まさに一大イベント!

しかもまだ人様の前で踊れる域に達していないので
それはもう緊張しまくりでした。















ごめんなさい。。
チャントも覚えきれてないので
うつむきがち(苦笑

それに比べ、堂々たる子供たち!かっこいい!


奈美ちゃんが、たくさん写真を撮ってくれているというのですが
怖くてまだみれていません。
動画なんて恐ろしすぎる〜〜〜




「一生懸命なにかを覚える」という行為を、
高校を卒業してからは一切放棄していたので
ここ数週間はなかなか新鮮な時間でもありました。

記憶力の低下を嘆きつつも
こそ練する日々。

初めのうちは、練習しようにも
自分の書いた謎のメモが解読できなくて
結局なにもできなかったり(笑

メモも間違ってるし!


衣装の服を作ったり。


Ke Ola Hulaでは衣装も手作り!

パウってこんなに生地長いのですね、
果てしない直線縫い。



青空の中、みんなでレイを作ったり。















ティーリーフで、髪の毛につける飾りを作っています。
足にひっかけて、編む。

この敷物もみんなでパッチワークしたものだそう。
すてき。




ちょっとづつ覚えてくると、練習も楽しくなって、
やればやった分だけ体に入ってくるのが
心地よくありました。

と言っても、
人に見せれるレベルには到底及びませんが。。

いいのです!!

なんでフラを踊りたたかったかというと
人に見せたかったからではないではないかーー!
と自分に言いきかせる(笑


Hulaとは、自然や大地と繋がって
ご先祖さまや自分自身と繋がって
祈りを捧げるもの。

祈りにうまいへたもない!

いやしかし。。。素敵に踊れたらもっと
気持ちがいいんだろうな~ 



初めの頃マミ先生に

「うまく踊れない。。。というのは
この時期しか体験できないことでもあるから、
それも楽しんじゃってください。
踊れるようになっちゃうと、
そういう新鮮な時の気持ちわかんなくなっちゃうからね

と言われたことを思い出しました。


はい、先生(涙

今はとても尊い時間。


なんだかますますフラが好きになりそうな
予感がしています。




とりあえず。


「フラを習ってステージで踊ります」はクリア(笑



次は、

「自然と繋がって、自分自身と繋がって、気持ちよく踊る」

に再設定して

次のステージをのんびり目指します〜



自然や大地と繋がって
ご先祖さまや自分自身と繋がって
祈りを捧げる。

わたしもいつかはそんな風に。




2017/08/06

えみちゃんとおしごと。


ちょっと前のお仕事になりますが。。。

大好きなお友達♡
えみちゃんのお仕事のフライヤーを
作らせていただきました^^

じゃーん!



















えみちゃんとはじめて会ったのは5〜6年前。
ご近所のジムで、
ヨガの先生と生徒として出会いました。


わたしがジム!?似合わない〜!
とお思いでしょうが、たった一年だけではありますが
通っていたんです。ふふ。

(結局、ランニングも筋トレも続かず
やっていたのはヨガだけですが)


ひょんなことから共通の友達がいることがわかり
仲良くなりました。


わたしは彼(共通の友達)と沖縄で出会い、
えみちゃんはタイで出会ったというミラクル!!


彼のお店で一緒にイベントをしたり、

同じマクロ教室に通ったり、

わたね市でもたくさんお世話になり、
今じゃスタッフ(笑

















えみちゃんは、
わたしがこんなふうに過ごしたいな〜
と思っている生活を、
実際にしている人で

自然と共に、豊かな日々を過ごしている
魅力的なひと。

ほんわかしてるけど、
強くて、優しいひと。


昨年、古淵にスタジオを構え、
ヨガとマクロと、チネイザンという
タイのお腹マッサージをはじめました。


えみちゃんは、
こうであるべき!とか、これが正解!とか
そうゆうところがなくて、

とても柔軟で、
毎日をハッピーに暮らせるヒントを
たっくさん、教えてくれます。


ヨガの前には、
ヒーリングメッセージをひきます。















これはある日の私へのメッセージ。


そしてヨガのあとには
自家菜園のお野菜をつかった
えみちゃん特製☆マクロビスイーツがついています♡


チネイザンもおすすめ!
とっても気持ちよくって
終わったあとは、なんだか気持ちを含め、
自分に必要がないものが
出ていってくれてスッキリ!


本当におすすめなので
ピンときた方は、ぜひぜひ一度
体験してみてほしいです^^
えみちゃんに会うだけでも癒されます〜




















えみちゃん♡

詳しくは、cocorobi

2017/08/01

鉄は熱いうちに打て!


いつのまにやら8月。
タビノキロクをつけようと思っていたのに、
一日目のキロクで止まってます。。。

もう2ヶ月もたってしまった〜〜!!

鉄は熱いうちに打て!!

ただでさえ飽きっぽいのだから
気持ちが熱いうちにやらねば!

ということで、



そのうちやりたいな~ と思ってたこと、の

その2 

『フラをはじめる』です。ふふふ。


フラガールのしなやかな動きと
美しい表情に(どちらかというとこっち)
ずっーーーと憧れていて、

なんとなく40代になったらはじめようと
思っていたのですが

えっ?なんのための40代になったら?と思い直し、

先月から、フラを習い始めました。


教室に参加した翌日から5日間も筋肉痛が続き
(初めてスノボをした翌日くらいの筋肉痛でびっくり!)
どうなることやらと不安でしたが、
毎回楽しく過ごしています。


























お寺の広場で、裸足でおどります。



へたでも、分からなくても、楽しいです(笑

みんなのチャントに聞き惚れて

先生の踊りにうっとりして

もうその場にいるだけで満たされています。



単発でも参加できるレッスンもあるので
気になるみなさまぜひ!
しかもビーチでとか♪すごく気持ち良さそう〜♪

詳しくはこちら☆ Ke Ola Hula




素足で大地に立つ感覚がすごく気持ちよくって、

試しに草むしりも裸足と素手でやってみたら
これがなかなか良いのです。

軍手、長靴使用だと、
まるで非情な侵略者のように、がっさがっさと
引っこ抜いてしまうのですが、

素手&裸足だと、自分も虫も植物も傷つかないようにと
動作がとっても注意深くなるので
なんだか自分がとても丁寧な人に感じられて。。

嬉しい(笑


大地と素足で繋がると、
体に溜まった体内静電気や邪気が抜けるそう。

よくわからないけど
とにかく気持ちがいいので

きっといいはず!

ぜひみなさんも♪



























ちなみに、今年の夏家の畑は、

スタートがだいぶ遅れてしまったので
ゴーヤは見送り。。。

っと思っていたら、

去年のこぼれた種から芽を出し始めました。
























こーんなはじっこだったり、
はたまた、こんな真ん中に!?ってとこにあちこち

夏の間に食べるのは難しそうですが(笑
たくましく育っています。





















こちら赤オクラちゃん、
オクラの花が好きです。


あ、わたね市、
次回は初の試み!11月開催です!!
11月4日(土)雨天翌日です!

三連休の中日になりますが
ぜひみなさん遊びに来てください~!

2017/05/18

ータビノキロクー 1日目、直島


今年は、そのうちやりたいな~ と思ってたことを、
やっていこうと思っています。

今回はその1 『直島に行く』


なぜ、直島に行きたいと思ったのかというと、
猪熊弦一郎美術館に行きたかったからなのですが、

調べてみたら。。。
こちら、直島ではなくて、丸亀にあるらしい!!

なぜかずっと直島にあると思い込んでいました。
気づいてよかった(笑 さほど遠くない!

というわけで、直島経由、猪熊弦一郎美術館の旅へ〜


直島に着くと、有名な赤かぼちゃさんがお出迎え!























赤かぼちゃ。
















黄かぼちゃ。














台風がくると、この黄かぼちゃはみんなで運ぶらしいです。



そしてこちらは、東京の黄かぼちゃ。




















先日行った草間彌生展でお会いしました。
並べてみるとみんな全然違う。



さて、今回お世話になった民宿のオーナーふうさんは
船着場前でたこ焼き屋さんをしているので
まずはこちらでご挨拶。



「今日は貸切だから、勝手に入って好きな方使ってや~」

と、ふうさん。



自転車をお借りして、
自転車で三分くらいの宿へ向かう。

まずこの道でテンションマックス!すてきな道!!
(気持ちよすぎて写真を撮り忘れました。。残念)

そしてこの間にもオブジェが!
さすがアートの島!



こちらが今回お世話になった宿。
「民宿ふうちゃん」
















民宿ふうちゃん

一泊4000円。
自転車無料で貸していただけます。

朝、トーストを食べながらの
ふうさんとのおしゃべりが楽しかったな〜

















お借りしたお部屋。すっきりきれい!




再びたこ焼きやさんに戻り、
香川にきて初のご飯、
たこ焼きとビールをいただく(笑


すると、たまたまお客さんできていた
島に移住してきたオノさんに
夕飯を誘っていただく。

今夜ふうさんと一緒に茶粥を食べにいく約束をしたところに
ちょうど私がやってきたそうで、
ご一緒させていただくことに♡

完全ノープランできてしまったので
ありがたいお誘い♪


これまた有名な「I ♡湯」に入り





















券売機で券を買う。入湯料500円。





















旦那さんのお土産にタオルを購入。310円。




















さて夕飯へ~
ちょうど遊びに来ていたオノさんのお友達の
なほこさんと愛ちゃん親子とも合流☆


















SEVEN ISLAND

こちらは家プロジェクトのある本町エリアにあります。
スタッフはみな外国の方。お客さんも半分以上が外人さん。
(オーナーは小豆島の方)

このお店だけじゃなくて、
直島に観光に来ているのは外国の方が多いです。
多分日本人より多い気がする。


愛ちゃん(6才)はマレーシア在住なので
英語がぺらぺら!
話す相手によって日本語と英語を自在に使い分けていて
めちゃめちゃかっこいい!!

彼女の口癖は「おっぱいぺったんこ!」(笑

はじめ、わたしに対して言っているのかと思ってびっくりしたけど
(まぁ、間違いでもないが。。)
今はまっている、あられちゃんの台詞らしい。

















茶粥セット1200円。
茶粥。ふうさんが小さい頃はよく食べていたそう。


満腹になって、夜のオブジェをみて、
愛ちゃんはまだまだ元気だったけど
大人達が疲れたので今日は帰宅。





















これは赤かぼちゃの中。幻想的です。
















この日は満月○




*********************


<高松空港から直島への行き方>

成田から高松までは一時間ちょっとのフライト。


空港から高松駅まではバスが便利。
約40分/760円

空港内にある販売機で切符を買って、
空港をでてすぐ目の前のバス。
私でも全く迷いません!

飛行機がついた15分後にバスが出発する仕組みのようです。

高松駅から船着場までは徒歩5分くらい。
降りてすぐ左の階段をあがり、
なんとなく道沿いに進めば着きます。

船は2種類。

時間が二倍で料金半分のフェリーと
約50分/520円
時間が半分で料金二倍の高速船。
約25分/1220円



私はもちろん、フェリーで!
水玉模様がかわいい大きな綺麗な船です。

各島へのアクセス:http://benesse-artsite.jp/access/
直島観光旅サイト:http://www.naoshima.net/







今回わたしはJET STARのセールで
4000円ちょっとの成田→高松行きが出てたので
急遽この旅を決行したのですが
(本当は800円のをねらっていたがとれなかった。。)
お金に余裕があるなら、断然羽田から!

羽田からなら、四国と言ってもすごくお気軽に行けるなぁ、
と今回改めて感じました。

うん、お金を稼ごう。